住職日報

永代経が次の日曜に迫りました。それに先駆けてこの前の日曜には、朝から婦人会と世話方ご夫婦の皆さんで本堂・客殿・境内の清掃をしていただきました。お陰様でスッキリ綺麗になり、清々しい気持ちで法要を迎えられます。本当にありがとうございました。

さて、その掃除の始まる前、庫裏で朝食を頂いていた時のことです。この春から小学校に通い始めた長男が、突然私に「お父ちゃんにとって一番大切なものは何?」と聞いて来ました。 続きを読む…

4月8日(日)、花まつりを開催しました。当日は冬に逆戻りしたかのような寒さでしたが、沢山の子供達が参加してくれました。
来てくれた子ども達には、まず向拝に設置された花御堂で小さなおしゃかさまの像に甘茶をかけてお祝いしてもらいました。それから本堂に上がり、みんなで「讃仏偈」のお経を唱えました。はじめての子も多かったと思いますが、みんな一生懸命唱えてくれました。 続きを読む…

もう一ヶ月も経ってしまいましたが、今年も10月28日、29日に寿命寺の報恩講を無事勤めることができました。
今年の秋は台風が多く天候が不順で、9月から順次お勤まりになった近隣寺院の報恩講は軒並み雨でしたが、うちも例外なく雨になりました。それでもたくさんのお参りを頂き賑々しくお勤めできたことは、偏に有縁の皆様のおかげと感謝しています。

続きを読む…

8/6(日)恒例の墓地と境内の一斉清掃が行われました。早朝7時からたくさんのご門徒がお出ましになり、まず飛び地にある墓地の公共部分の草引きや生け垣の手入れを行い、その後お寺に移動して境内や本堂内の一斉清掃を行っていただきました。今日は早朝から快晴で気温が高く、かつ近づく台風の影響で湿度もかなり高く、皆さん玉のような汗をかきながら懸命に掃除していただきました。いつも思うことですが、門徒さんが集結したときの力は本当に凄いですね。墓地も境内も、それぞれ1時間半ほどの時間でスッキリきれいになってしまいました。感服するより他ありません。 続きを読む…

5/28(日)、能登川の称名寺さんで滋賀教区布教使の有志の研鑚会「法跡会」が主催する法話会がありました。私は布教使ではありませんが縁あってこの会の末席に加えて頂いており、今回は裏方スタッフとして参加させてもらいました。
法話会は今回が初めての試みで、中央仏教学院の通信教育受講生などにチラシを配布すなどして広報しましたが、若手を中心とした布教使の集まりに一体どれくらいの人が来てくれるか不安でした。 続きを読む…

今朝は東京教区千葉組の方々がお朝勤にお参りくださいました。

御一行は昨日本山の伝灯奉告法要に団体参拝され、おごと温泉のホテルに宿泊されたとのこと。明けて今日は16日で宗祖御命日なので、どこかで皆さんで朝のお勤めをしたいということで、最寄りの当山にご依頼いただきました。 続きを読む…

4月15日(土)、本願寺の「伝灯奉告法要」に寿命寺から希望者30名で団体参拝してまいりました。この法要は本願寺の法灯が第24代即如門主から第25代専如門主に継承されたことを仏祖に奉告するものです。昨年秋から勤められおり連日全国から多数のご門徒がお参りされています。 続きを読む…

4月8日は仏教を開いたお釈迦さまのお誕生日。それをお祝いして寿命寺でも「花まつり」を開催しました。今年はあいにく雨だったこともあり、去年より来てくれた子たちの数は少し寂しかったですが、それでも楽しく賑やかな時間を過ごすことができました。
最初に一人一人誕生仏に甘茶かけをしてもらってから、みんなで「らいはいのうた」をお勤めしました。
そしてその後、お釈迦さまの生涯についての絵本の読み聞かせをしました。この絵本は特殊なつくりになっていて、 続きを読む…

還ってくる仏さま

2017年2月23日

ついこの間、新年の挨拶をしていたと思っていたのに、気づけば2月ももう終わり。時の流れの早さに足がすくむ思いがします。

去年は寿命寺のご門徒のお葬式は一件もありませんでした。でも今年はこの二ヶ月足らずで既に三件もお勤めさせていただきました。時候の厳しさも相俟って世の無常を思わずにはおれません。そしてそれはいつも大切な問いを私に投げかけてきます。亡くなった方はどうなったのか。私は何のために生きているのか。そして、私はどうなるのか。 続きを読む…

imgp1713もう半月以上経ってしまいましたが…。10月29日、30日に今年の寿命寺報恩講が勤まりました。
二日間、たくさんのお参りをいただき、本当にありがとうございました。

今年は奈良、吉野から和氣秀剛師をご講師にお迎えしました。
ご法話のテーマは親鸞聖人のご生涯を伝える「御絵伝」でしたが、先生のお話は単に絵の解説にとどまるものではありませんでした。 続きを読む…