住職日報

夏の境内大掃除

2012年8月7日

境内大掃除の様子

この前の日曜日に壽命寺のご門徒が総出で墓地とお寺の大掃除をしてくださいました。お盆を前に毎年行なっているものです。当日は早朝6時から墓地の掃除を行い、引き続きお寺に移動して境内の草むしりや植木の剪定をしていただきました。
住職夫婦も折をみて草むしりなどはさせてもらってはいますが、この時期は全く追いつきません。ましてや植木の選定など、ひとつも手が回らず伸び放題になっていました。

でもご門徒の皆さんが大勢でやっていただくと、わずか一時間ちょっとで境内はすっかり綺麗になりました。人数がたくさんいただけではなく、本当に皆さん一人ひとりがそれぞれに仕事を見つけては手分けして手際よく作業しておられ、見ているだけで気持が良くなる仕事っぷりでした。いや、住職も見ているだけじゃんくてもちろん一緒に作業していましたよ。。。

兎にも角にも、大変暑い中、みなさん本当にありがとうございました。こうして皆さんで作業していただくと、当たり前のことですがこのお寺が皆さん一人ひとりのためのものであるという事が再確認されます。
これからお盆を迎えます。帰省されたご家族と一緒に、どうぞ綺麗になった本堂にお参りください。お待ちしています。

合掌