住職日報

婦人会の定例お掃除

2011年12月21日

今朝はお寺のお掃除でした。月一回、婦人会のみなさんが班持ち回りでしていただいているものです。お寺の普段の掃除は住職の勤めではありますが、何分大人数で協力しないと手が回らない所もありますので、大変助かっています。

境内を皆さんが掃除してくださるのを見ていると、何となく自分の家の前を人様に掃除してもらっているように感じて申し訳なく思ったりもしますが、それは住職の大きな思い違いなのですね。お寺というのはご門徒皆さんのもので、境内も皆さんの場所。住職一家はその隅っこに間借りさせていただいているようなものなのです。だからこうして皆さんで掃除をしてもらっているのですね。

とは言え、それぞれにお忙しいのにこうして当番を決めて掃除されるというのは、本当に尊いことだと思います。頭が下がるとともに「住職もっとしっかりしいや!」と襟を正される思いがします。
おかげさまで今日もきれいになりました。どうもありがとうございます。

合掌